こちらは会社対応履歴ソフトウェア、Historyついて説明します。

詳しくは右をご覧ください。  ■当ソフトの体験版はこちらです■

 Historyは相手先とのやり取りを管理するソフトウェアです。

 まずは会社の登録から行います。

 基本的にはメニューの左側、4つのボタンで構成されています。 

 はじめは会社名の登録から行います。

 会社名を登録したら登録した名前を検索できるようになります。

 

 履歴確認 いままでの履歴を確認、登録します。

 キーワード検索 いままでの履歴をキーワードで絞り込み検索します。

 登録会社一覧 当ソフトのバージョンを確認します。

 会社登録 相手先会社などの会社を登録します。

 ライセンス認証 当ソフトの制限を解除します。

 バージョン情報 当ソフトのバージョンを確認します。

 ヘルプ 当ソフトのオンラインマニュアルを見ることができます。

 

 

 会社登録ボタンの内容です。

 

 内容はID、会社名、郵便番号、住所、電話番号、担当者、メモとなっています。

 会社名の入力は必須です。 

 

 

 

 

 会社一覧の内容です。

 会社一覧で内容を更新、指定した行の会社の削除ができるようになっています。

 

 会社の履歴を確認したい場合

 メインメニューの履歴確認ボタンをクリックして会社選択ボタンを選択してください。

 会社選択メニューでは左のように会社名やIDで絞り込みができます。

 

 

 

 

 左の画像のように登録された会社の一覧が表示されますので、

 ダブルクリックで履歴を確認したい会社を選択してください。

 

 

 

 

 

 ダブルクリックで会社を選択すると左のように履歴が表示されます。

 この履歴をクリックすることでさらに履歴の詳細を確認、編集できます。

 

 

 表示されている履歴はエクセル出力ボタンでエクセルに表示させることができます。

 

 必要な履歴のみを表示させたい場合はキーワード検索を利用します。

 キーワードで絞り込みをかけたら左の画像のように表示されますので、

 ダブルクリックすることで、詳細を見ることができます。

 

 キーワード検索はエクセル出力ボタンでエクセルに表示させることができます。

 

 説明は以上となりますが随時更新していきます。


back
Copyright (C) 1999/11/26 TownPlanner All Rights Reserved.